不妊治療で授かる小さな命|婦人科マニュアル

看護師

問題を調べる治療

看護師

男性と女性の両方を調べる

正常の夫婦生活をもっているにも関わらず、2年以上妊娠をしない状態を不妊症と言います。しかし、不妊症には男性と女性どちらに問題があるかわからない場合が多いです。どちらに問題が調べる際に行われる治療は不妊治療と呼ばれています。名古屋の不妊治療を行っている病院では、男性と女性の両方に問題ないか検査をしています。男性の場合は、性機能障害や精路通過障害、造精機能障害の問題がないか調べます。男性の不妊の原因としては約7割が造精機能障害と言われています。治療法としては、薬物療法か手術療法どちらかを選ぶ形になります。女性の場合は、排卵因子、卵管因子、頸管因子、子宮因子に問題がないか調べます。しかし、原因不明の場合が多く、加齢による卵子の質の低下が原因と言われることが多いです。主に治療内容としては、タイミング法と呼ばれる自然妊娠を目指す方法や人口授精、体外受精の方法があります。

通いやすい場所が多い

不妊治療で重要なのが通院期間になります。不妊治療では、数か月で妊娠する人もいれば、何年と掛かってしまう人もいます。人の体の仕組みがそれぞれ違うように、健康状態を把握したうえで、いろんな要素が重なった時に妊娠はするものです。通院期間と同時に重要視したいのが通院距離です。不妊治療は長期治療が必要になります。通常の治療だと週1程度の通院になりますが、排卵日前後だと週3程通わなくはいけないので、大変です。不妊治療が長引くと、通院することが大変になってしまい、治療を途中で止めてしまう場合もあるので注意が必要です。名古屋には、街中や駅前に不妊治療を行っている病院が多く、通いやすい場所が多いため、郊外から訪れる人もいます。また、名古屋は交通環境も整っているので、自分の行きたい時間に合わせて動くこともできます。不妊治療をするのであれば、通いやすい場所に病院が多い名古屋がオススメです。

Copyright© 2016 不妊治療で授かる小さな命|婦人科マニュアル All Rights Reserved.